スポンサードリンク

布団に触るだけで鼻炎?そんな布団には要注意

 

眠れない鼻炎は布団が原因かも

 

「鼻炎」とは、アレルゲンに対するアレルギー反応として鼻の中に炎症が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こることです。「布団に触れると鼻炎になる」という人は多く、そのような場合には布団のアレルゲン対策が必要になります。

 

次のような症状に心当たりがある方は布団のハウスダストによる鼻炎を疑いましょう。

  • 寝る前になると鼻炎が始まり、呼吸がうまくできない。
  • 鼻づまりが気になってなかなか眠れない。口で呼吸をしている。
  • 寝起きに連続してくしゃみが起こる。
  • 布団の上げ下げをするだけでも鼻炎が起こる。鼻がむずむずする。
  • 鼻だけでなく、目も痒くなる。

 

眠れない鼻炎は布団が原因

鼻炎を起こすアレルゲンは「花粉」「ダニ」「カビ」などが考えられます。それらのうちひとつだけにアレルギーがあるという方もいますが、多くは2つ以上の複数のアレルゲンに対して反応を起こしており、総合的に布団の対策を練る必要があります。

 

なお、このようなアレルギーによる鼻炎の鼻水は「さらさらしている」「透明である」など、風邪による鼻水と区別して考えられてきました。しかし、近年は炎症の起きている場所や度合いによっては、風邪の症状と大変よく似た鼻水が出ることもあるということがわかっています。

 

症状が長引いている場合には自分自身だけで判断せず、耳鼻科やアレルギー科の医師に相談するようにしましょう。

 

フローリングなら大丈夫?

 

 

畳にはダニが多い、ということはよく知られています。しかし、フローリングであれば大丈夫だと考えるのは危険です。フローリングにもダニは存在しています。さらに、フローリングに直接布団を敷くと、水分はどんどん布団にたまり、なかなか逃げることができません。

 

カビも発生しやすくなる

 

フローリングにカビ

湿気を逃がすという意味では、畳よりフローリングのほうが劣るのです。湿気が増えればダニが増えるだけでなく、「カビ」が発生しやすくなります。

 

カビは細かな粒子として空気中に舞い上がり、それらが呼吸の際に体内に吸い込まれアレルギーを引き起こすと、やはり鼻炎の原因となります。フローリングに布団を敷いている方は、防カビ対策を強化して鼻炎の症状を軽減させましょう。

 

布団は敷いたままにせず、よく干すか乾燥機をかけるなどして湿気を取り除くようにしてください。布団の下にすのこを敷くのもよいのですが、すのこそのものにもカビは発生してしまいます。

 

すのこを使っているからと安心してしまわずに、除湿剤なども併用してください。湿度を逃がしやすい布団を選ぶのもおすすめです。

 

ダニが住めないアレルギーに特化した布団