スポンサードリンク

掛布団の正しいしまい方(収納方法)

掛け布団,正しい,しまい方,収納方法

掛布団にも敷布団と同じように、アレルギーの原因となるダニやカビが発生します。特に、使用しない期間に誤った収納をしておくとダニやカビが大量に発生する危険があります。

 

それを防ぐためにも正しい収納方法が重要です。続いて夏用、冬用掛布団の正しい収納方法をご紹介します。

 

収納場所の事前準備

 

掛け布団,正しい,しまい方,収納方法

使用しない寝具を押し入れやクローゼットに収納する場合、湿気やダニ対策の下準備をしておきましょう。

 

日常のほとんどが密閉状態になる押し入れやクローゼットは、湿気が溜まりやすいので、カビが発生しやすい空間になります。

 

事前に除湿剤や防虫剤の設置や養生シートを敷いておき、換気扇が付いている場合はキレイに掃除をしておきましょう。

 

夏用(薄手)掛布団の正しいしまい方

 

掛け布団,正しい,しまい方,収納方法

肌掛け布団など生地が薄手の掛布団は、洗濯をした後に圧縮袋を使用して収納するようにしましょう。

 

真空状態にすることでダニの発生を抑えることができ、折りたためばコンパクトに収納できます。

 

 

冬用(厚手)掛布団の正しいしまい方

 

掛け布団,正しい,しまい方,収納方法

羽毛布団や中身が詰まっている厚手の掛布団は、洗濯またはクリーニングをした後に、専用の収納袋に入れて収納するようにしましょう。

 

圧縮袋だと中の繊維が傷んでしまう為、おすすめはできません。

 

専用の収納袋には防ダニや防虫、商品によっては防菌加工も施されているので害虫対策はバッチリです。湿気が気になる場合は、布団と一緒に乾燥剤(シリカゲル)を入れておくと安心です。

 

定期的に扉を開けるなどして、風通しを良くするのも効果があります。後は日々の掃除の際に、押し入れやクローゼット内も忘れずに清掃をするようにしましょう。

 

 

アレルギーの対策・改善には小まめな清掃とメンテナンスが重要です。意識することで、家の中もキレイになるので良いこと尽くしです♪

 

よろしければ、ご参考ください。

掛け布団の誤った収納方法

 
  • 羽毛布団などデリケートな素材や冬用(厚地)掛布団にを圧縮袋で収納する

    →素材が傷み、劣化の原因に繋がるのでおすすめできません。

  •  

  • 専用ケースなど使用せず、ハダカのまま押し入れやクローゼットに収納

    →カビやダニが大量に繁殖します。

  •  

  • 衣類と一緒に圧縮袋で収納

    →布団と衣類を一緒にすると劣化、色写りの危険があります。

  •  

  • 万年床ならぬ万年掛布団で放置

    →収納しないで出しっ放しの状態ではメンテナンスが滞るので、生地や中の素材が劣化します。

 

ダニが住めないアレルギーに特化した布団