スポンサードリンク

敷布団の湿気&カビ予防対策

敷布団,湿気,カビ,予防,対策

 

敷布団を床に敷いたままだと、布団の下にカビが生えることがあります。

 

なぜカビが生えてしまうのか?

 

湿気・カビ予防対策の前にまずはその原因をよく理解しておくと、対策を実行する際にとてもスムーズに進めることができ、臨機応変に対応できるようになります。「魚をもらうのではなく、魚の釣り方を覚える」という感じです。

 

敷き布団にカビが生える原因

カビが生える要素には「温度」「湿度」「栄養」が関係します。そして、カビが生える原因については大きく5つあります。

 

敷布団にカビが生える5つの原因
  1. 空気中にあるカビの菌が布団に付着する為
  2. 体に付着しているカビの菌が布団に付着する為
  3. 体から出る水分が布団に吸収する為
  4. 敷布団と床がくっついてその間の湿度が上がる為
  5. 室内の埃が敷布団に付着する為

 

基本的にカビの菌は季節を問わず、室内の空気中に数多く含まれています。特に、気温20℃〜30℃:湿度70%以上、カビの栄養分となるホコリやアカなどがあれば、急激にカビが発生することになります。

 

布団の中綿はダニや埃が溜まりやすく、また体内からの水分を吸収した状態が長く続くとカビが発生しやすくなってしまいます。

 

敷布団の湿気とカビ予防対策とは

 

敷布団の湿気解消と、カビ抑制の為に、日頃のちょっとした工夫で予防できるものがあります。

 

敷布団の湿度対策

敷布団の湿気対策として主なもので3つあります。

  1. 布団を干す
  2. 布団を洗濯する
  3. 布団を敷きっぱなしにしない

睡眠の間に体から出た汗が敷布団に付着します。また、フローリングなどの床との温度差で布団と床の間で湿気ができ、その水分が布団に吸収されます。湿気を含んだ布団をそのまま放置する事で部屋の中の埃やカビの胞子を吸着しやすく、カビが成長する原因となります。

 

こういった理由があるので、布団を干すことで湿気を飛ばし、敷きっぱなしにしないことにもなり、カビの予防に繋がります。布団の洗濯も定期的に行えればいいのですが、最低でも干した後には掃除機をかけるようにしましょう。日頃の積み重ねが大きな違いを生みます。

 

カビ予防対策

床と寝具の間に水分が溜まらないようにすることでカビ予防となります。カビ予防の対策としては4つあります。

  1. 室内の換気を行う
  2. 床と寝具の間に除湿シートを敷く
  3. 埃が溜まらないように掃除をする
  4. 布団のシーツをこまめに交換する

 

敷き布団の湿気とカビ予防便利グッズとは

敷き布団が湿気ないようにする為の便利なグッズがあります。普段から使用することで、カビ予防につながります。

 

除湿シート

床と敷布団の間や敷布団と掛布団の間に入れて使用します。

 

シリカゲルBタイプ入り除湿マット

シリカゲルBタイプが入った除湿マットです。シリカゲルにはAタイプとBタイプがあります。BタイプはAタイプと比較して、たくさんの水分を吸収して、室温状態で乾燥時には含まれた水分を外に出すことができるものです。

 

珪藻土入り除湿マット

藻の種類の珪藻が化石化したものです。多くの細かい気泡がある為、水分を吸収し、乾燥している時は吸収した水分を外に出す効果があります。また保湿効果もあります。

布団・枕干し袋

外で布団を干す事で、布団の中に含まれる水分を外に出すことができます。外で干す時に気を付けたいことは、花粉や埃や砂が布団に付着することです。

 

布団干し袋

野外で布団を干す時に、専用の袋に入れて干すことで、花粉や埃をガードします。

植物精油

植物精油(別名:エッセンシャルオイル)の中には抗菌効果が高いとされているものがあります。こういったエッセンシャルオイルは防カビに取り入れることができます。そもそも天然素材なので安心ですし、防虫や芳香効果もあります。

 

木製素材などはそのまま精油を塗ることでカビ予防になります。精油をエタノールで溶かして精製水で希釈したものをスプレーすることでも予防となります。(色の薄いものや素材によっては変色に注意。)

 

ひば(ヒノキアスナロ)油

強い抗菌性と発芽抑制力、ダニやありの防虫作用がります

 

ローズマリー

抗酸化作用があります


ダニが住めないアレルギーに特化した布団